なりたい自分になれる

女性

顔の大きさはバランス重視

顔の輪郭や頬の骨格や脂肪組織のつき方などで、人に与える印象は異なってきます。ほんの僅かの違いやバランスの崩れで、見た目に違いが生じてくるのが顔全体の特徴とも言えます。人の会話などでは視線を合わせて話す機会も多いので、とりわけ顔のサイズの印象を相手にどのように与えているのかは特に女性にとっては大きな問題といえます。中でも大きな顔についての悩みを持つ人は多く、その点を指摘されて心の傷になってしまっていることがあります。このような悩みを正面から解決に導いてくれるのが小顔矯正です。美容整形クリニックでは、身体に負担の少ない方法もリーズナブルな負担で受けることが可能になっています。代表的な方法にボトックス注射があります。ボトックスとはある細菌が生成する化学物質で、筋肉の緊張をほぐす作用を持ちます。顔には様々な筋肉が咀嚼や表情を作るためについています。なかでも顎の動きを支える筋肉が発達下おかげで顔が大きくなっている場合があるのです。ボトックス注射にはこのように発達した筋肉を弱めることで小顔効果を発揮するわけです。他方で脂肪などが大きく付いたせいで顔のサイズを増していることもあります。この場合の小顔矯正には脂肪溶解注射と言う方法も良く実施されています。この方法の特徴は脂肪のサイズを小さくするわけではなく、脂肪細胞自体を溶解させて血液の流れに乗って排出されていくので、リバウンドのリスクが低いのがメリットです。普通のダイエットでは顔のサイズを小さくするのが難しいですが、注射なら確実性が高いと言えます。顔の大きさの問題で美容整形クリニックを受診するときの、女性は長年の心の傷を抱えていることが一般的です。そこでサイズを小さくすることに強いこだわりを持っている事例が多くなる訳ですが、それは最もな考えかたとも言えます。悩みにとらわれているので、小顔矯正を行う時にも、近視眼的思考に陥りがちです。しかし顔のサイズは他の身体の部位とのバランスを常に念頭において、どのような施術を選択するのが妥当かは、主治医と十分にカウンセリングを行う姿勢が求められます。美容クリニックに通うにはそれなりの葛藤もあったはずで、その反動としてとにかく顔を小さくしたいとの希望ばかりに目が行きがちで、その点を基準に理想像を想定する傾向があります。確かに小さな顔に憧れを持つのは確かで、男女と会わず有名タレントなどを理想に想定することがあるので、極端に小ささを指向するニーズが強いといえます。世の中には患者様のニーズの実現のためにバランスなども考えず、額面どおりにそのまま仕上げる医師も存在する可能性はあるのです。しかし経験豊富で数多くの患者の美容整形に取り組んできた医師であれば、顔のほかのパーツとのバランスや、身体全体を踏まえたときの均衡などを想定して、バランスの取れた方法を提案できるはずです。本人の切実な希望のあまり無理なことを言う場合には優しく教え諭して、より現実的でバランスの取れた方法を提案してくれる医師にかかることが大切です。またカウンセリングとの関連では無資格なスタッフに委ねるクリニックは避けて、小顔矯正にあたっては、医師が直接面談してくれるのも事前に確認するのが妥当です。

Copyright© 2018 小顔矯正するなら原因を知ろう!【小さな顔は可愛い印象】 All Rights Reserved.